Classic THE Mid Pig 8’6”

Img_c73160fb29d0676edfe231476faa6153
Img_20a12b10b31ba9da2029a066beb436f8
Img_7cda4353c847d2406526093ec30eb19f
ミッドレングスという言葉も定着しつつある今。
多くのロングボーダーのセカンドチョイスとして、ショートボーダーの小波対策として、
また、入門ボードとしても人気があるジャンルです。
今回は特定の分野に的を絞ってみました。
通常長く重たいクラシックログに乗るロングボーダーのセカンドチョイスとして製作、
8フィート台という稀な長さはロングボードでもない、しかし単純にファンボードでもない一本。
実際クラシックなログに乗るサーファーはいつものテイクオフの早さやグライド感をミッドレングスにも求めてしまいがちだが、大抵のそれは軽くてフラフラし、みんなに波を取られてしまいなかなか乗れず結局お蔵入りになること多し。
しかしこのディティールはロングボード並のテイクオフ、しかしコントロール性能や動きはミッドレングスのそれ、しかししっかりしたグライド感も味わえるものになっています。
それがこの微妙な長さとしっかりしたつくりから生まれるのです。
まさに新しいジャンルのミッドレングスがここに!


長さ:8“6 1/2”
幅 :23 1/2”
厚さ:3 1/4”
アウトライン:Pig
テール:ラウンドピン
ロッカー:ナチュラルロー
ボトム:ソフトラウンド〜フラットラウンド〜強めV
レール:50/50エッグピンチ
フィン:D-Back 9.5” クリア・ウッドストライプラインカット グラスオン
カラー:クリア・ライトブラウンパネル
ラミネート:8v x 6 x 8v ラージラップ
仕上げ:ポリッシュ
重さ:9.9kg
その他:別注ブランクス、ノーズ・テールにレジンロービングガード



Img_3c65cfe41eb5ba1aeb92bdfdf3a1b917
Img_7b59da513c58783c9d4a6a13a76b0509
Img_3ab660920b7b90cf835e2edcdcca4e7d
Img_b4ecf44b319052e50d9c6d8414501dc5
Img_554a9d4c75dc1e6e2a8e80f512f7fbef

Classic THE Piggy 9’6”

Img_ff3441dc298bf2ce0090bec64e6093d9
Img_767523006884b8169885638ba97cf092
Img_54232f427873246d516c6d2dc8f070a3
この十年ほどに渡ってジワジワと人気を寄せてきたPig。
しかし、いろんなアレンジがなされ乗りやすいものも出てきているのだが、
私の考えるPigとは。
決して簡単なボードではなく、ロングボード、もっと言うとロングボードという呼び方さえ無かったその時代の扱い難いものを、しっかりコントロール出来る選ばれし者だけに許された特別なボードというイメージなのです。
しかしそのPigを乗りこなせたその暁にはなんとも言えない独特の高揚感がある。
それを求めて多くのクラッシックボーダーはこぞってピッグボードにトライしていくのです。
しかしやはり乗りこなすにはそれなりの技術と経験値が求められ、やや挫折感さえ味わってしまうことが多々あるのも現実。
そこで今回のPiggyモデルです。
憧れのPigボードに辿り着くための準備となる第一歩とも言えるこのモデルの特徴ですが、
アウトラインはPigと同じテンプレート、しかし数値をアレンジすることでPigに準じたラインとなっており、テイクオフやターン、トリムなど基本的な動き全体をよりイージーなものにしています。
またロッカーもやや残したシェイプなのでパーリングも避けやすく刺さりにくい。
フィンも基本はターンしやすい細身のものをチョイス。
さらに全体の重量もグライド感は残しつつPigよりも軽い設定なので当然全てにおいて扱いやすくなっています。
ノーズコンケーブの大小、有無などもアレンジ可能なのでチョイスの幅が広がります。
いつかはPig、憧れのPig。
ホンモノのPigライダーを目指す方におすすめの一本です。


長さ:九尺六寸 9'6 5/8"
幅 :一尺九寸九分 60.3cm 23 4/3”
厚さ:二寸六分 7.8cm. 3 3/32”
アウトライン:Piggy
テール:ラウンドピン
ロッカー:ノーマル
ボトム:ラージノーズコンケーブ〜フラットラウンド〜ソフトV
レール:エッグピンチ50/50
フィン:D-Back 10.25” グラスオン同柄ファブリック
カラー:クリア
ラミネート:8v-6-8v+ファブリック
仕上げ:ポリッシュ
重さ:10.4kg
その他:和柄デザイン、ややボリューム残す
Img_b32a454037041ff241a66f5a70091b4d
Img_860cefe514a5c928001e0394d12186ae
Img_c98ee640230c4aaa28f0088e48b821b8
Img_4db69925b7efb3bfdc4fc40861f8cd4b
Img_8e73c12f00e9f087a8c1a7d4e6399347
Img_f2010dbbadff11a7999b014f480ed5c4
Img_178adb109fc427e94912c4abbe551304
Img_748df73fbfd538875b3da6961301f8dc

Retro Fish 6’0” RN

Img_f854fa975d26a12bd700c25613c28281
Img_88791beee2c363e8b7b557ecb3182971
Img_4ce6c8484de139bcf7772eee1d2020dc
最近出たサーフムービーの中に“FISH”というものがあるが、ご存知だろうか。
この独特の板、個性的なフィッシュボードの歴史と誕生秘話を遡るドキュメントムービーなのである。
なぜフィンが二つなのか、なぜテールが幅広く左右に割れているのか、なぜ短いものが多いのか、などの疑問に光を当ててくれます。
当工房でも時々この“FISH”を作りますが、オリジナルのテイストを盛り込むことが多いです。
今回のものはロングボードからのリシェイプとして全く新たに生まれ変わりました。
フラット気味のロッカーに厚みと幅はなるべく持たせてフローをキープ、
ロングボーダーでも扱えるものにしました。
またテールにかけて入れられているダブルコンケーブもよりスピードを生み出す構造となっています。
カラーリングもレトロでキュートなバニラミント。
シンプルかつポップなお魚ボード、出来ました!


長さ:六尺三寸 6’0”
幅 :一尺七寸 51.5cm 20 3/8”
厚さ:二寸三分 7.0cm 2 3/4”
アウトライン:Pig+Fish
テール:Fish スプリット一尺三分
ロッカー:フラットロー
ボトム:ラウンド〜センターWコンケーブ、外側レールへ向けて少し捲る
レール:70/30ややテーパー〜ダウンレール
フィン:バーチプライウッドKeel II 5.25” 70/30フォイル グラスオン
カラー:バニラミント
ラミネート:6-6-6
仕上げ:ポリッシュ
重さ:4.8kg
その他:ボリューム残し気味に
Img_101d3502fbdefbce922d8e81829e9e4b
Img_bc1b59d23a32c839228892535b29cec5
Img_1c7dd1d4ae79bc941300938855b31d04
Img_2dd93598a3568ab8724aeb62d1a6a4fc
Img_7b5f394711ec30d7a304d115aa7f409c
Img_a9eccadca7487ebde3a0060a284de4b8
Img_19c751fa6d097bb088242122bbd5c0cd
Img_f41bcf75b7980ca73f811c80b96a64bc
Img_4603e061faec28bdd6e5e7d9780149e5
Img_582316e85dff39338b753286ffcff79e
Img_8fbb5fe10898c1f7d13369b1f2cdd991
Img_e975e9d0021eab3804d05c5338a598a1

THE Hull Pig 7’3”

Img_add54afbb94abd558db61c1267c93635
Img_2c728b67e960b8b26b7449af9cb6d02e
Img_66a02494f2ef493462e315452e517409
この数年で意外に安定して人気のある板種の中のひとつのジャンル、
ミッドレングス。
微妙な長さゆえ、かつてはファンボードというくくりに入っていて
どちらかというとビギナー向け入門ボード的な感覚で捉えられていました。
ですがこの数年、ロングボードの復興と安定に伴ってロングボーダーのセカンドチョイスとして、またはショートボーダーの小波対応としても気になる存在となってきました。
メディアの中でもその中間的なチョイスが持つ“おもしろさ”が取り上げられることでさらに拍車がかかり、現在の安定した人気を誇るようになったのではと思います。
そんな中、このミッドレングスのジャンルにはややマニアックなボード、“ハル”というものがあります。
ハルってなんだ?
どんなボードなの?
という声がたくさん出そう。。
現代のテールを中心としたアグレッシブな動きをするものとは隔絶した全くの別世界、別次元のラインを描くものが多いように思います。
その感覚がまたとても新鮮で楽しいのです。
当工房ではその“ハル”ボードと“ピッグ”をミックス、独特の個性感を出してみました。
アウトラインはピッグ、しかしシェイプはハルという具合です。
比較的テーパーしたレール、ロールしたボトムに薄くストレートなテールロッカー、Sデッキ、かなり前方にセットされたフィンなどなど。
乗ってみたくなりませんか?
興味津々の一本となりました!


長さ:七尺三寸四分 7’3 1/2”
幅 :一尺九寸 57.1cm 22 3/4”
厚さ:二寸五分五厘 7.7cm 3”
アウトライン:Pig
テール:ラウンドピン
ロッカー:ナチュラル・ハル
ボトム:ラウンド〜ごく浅いV
レール:70/30テーパー〜ダウンレール
フィン:シングルボックス、Hull Flex 8.5”
カラー:イエローティント+オレンジマーブルの琥珀色
ラミネート:6-6-6+ボトムファブリック
仕上げ:ポリッシュ
重さ:6.4kg
その他:Sデッキ、ハルピッグ
Img_d36cecbf584fb381969798892055c10c
Img_952606bb71e4297aa233d613788b1a76
Img_5aeca119f8481634417cf640d60be535
Img_9c09c59b849866c73214dba1e2502ec3
Img_8b5fac803ab503f0a512fc8e2bbf4b5e
Img_241bf652967f52664853dbd830c0922c
Img_7ca5792ca576ff87bf4a2b6ff4ba36f3
Img_2e413f551b0e818bf814f80e30c4e6d5
Img_520c2833a846360f3be78b89f272a132

Classic THE Pig 9’10”

Img_c9c19c8725e8dfc3adcdee620f4d995b
Img_0023556b810e3b6f7ed6db8c36e51e3e
Img_a7c43c5badfaf6806689873eefd2eaf6
THE Pigシリーズのシンプルかつ渋い一本のご紹介です。
クラシックボードの王道的レングスは個人的に9’9”〜9’11”が好きです。
今回もその王道的長さ。
そして間違いないPigアウトライン。
シンプルにクリアでボランクロス巻き。
テールエンドにグラスオンされたハーフムーン“D”フィン。
どれを取っても洗練されたディティールです。
スペシャルなのはそのフィンの素材なのですが、
日本の杉の根っこの部分、木目がうねるように形成された銘木さながらの瘤杢を使っています。
二つと同じ杢目はないこの素材は貴重な部位で、
角度を変えるごとにキラキラと輝くその杢目は高級感、存在感をしっかり主張。
テールブロックやノーズチップも同素材で揃え、シンプルな中にこだわりを表現しました。
これこそある意味究極の一本と言えるでしょう。
ご自身のそんなこだわりを形にしてみませんか。


長さ:九尺九寸 9’10”
幅 :二尺一分 60.9cm 24 1/8”
厚さ:二寸五分五厘 7.7cm 3”
アウトライン:Pig
テール:スモールスクエア 五寸
ロッカー:ロープラス
ボトム:ソフトロール〜ソフトラウンドV
レール:50/50エッグピンチ
フィン:Classic Half-Moon Ⅳ 10.25” グラスオン 日本杉の瘤杢
カラー:クリア
ラミネート:8v × 8v × 8v+8vニーパッチ
仕上げ:ポリッシュ
重さ:12.2kg
その他:テール、ノーズに同素材ウッドブロック、フィンベースにリーシュホール


Img_8a44b81ea5fbf84a5d305d8ce9ed3e69
Img_5e6e8afa28d4ffc032cf72f75a90abe2
Img_1088f9634800395e8f0a0084c1d34f2e
Img_aa409b9c4940c3e17086f7ec6586a175
Img_275e243957c0a66df43b88b324daf17d
Img_0937ee9d724cc5ffe5561ff1ff8c7786
Img_4aab054f07ff79468166e592bf042876
Img_a47e4d4ef92a5d63b83f8091bbebeb2f
Img_e7b67172cbe7322a357c1d73f9dece9e
Img_33747536914978d26ff21e1e5f07b6bb